ママ活の平均相場と優良出会い系・マッチングアプリ2018決定版!-愛活ラボ

ママ活の平均相場と優良出会い系・マッチングアプリ2018決定版!-愛活ラボ

ママ活したい男性・女性急増中!

ママ活したい男性・女性急増中!

ママ活を知っていますか?

ママ活とはパパ活の反対、つまり男性が女性に時間を提供し、女性がその代金を支払うことです。
パパ活が流行するに従い、「女性がパパ活みたいに、若い男の子に付き合ってもらってもいいのでは?」ということでママ活が流行し始めているようです。

Twitterでも関連する投稿が増えていますし、テレビでママ活が特集される機会も見かけるようになりました。
マッチングアプリや出会い系サイトをママ活のツールとして私用する方も多いです。
今、ママ活をしたい男性や女性も急速に増えています。

ママ活でママを癒してあげることでお小遣いがもらえる!

ママ活でママを癒してあげることでお小遣いがもらえる!

男性からすれば、ママと呼ばれる女性を食事やデートなどで癒してあげることでお小遣いがもらえるわけです。
パパ活と同様に家賃を補助してもらったり住むマンションを提供してもらったり、はたまた高級車をプレゼントしてもらう、なんてケースもあります。
たとえていえば、完全フリーランスのホストクラブのようなもの、と考えると分かりやすいでしょうか。

ホストクラブと違って自分で相手を探したり値段交渉をしたりしないといけないので、その分の手間や苦労はかかります。
その一方で高い報酬を手に入れることができたり、基本的には一緒に遊ぶだけなので比較的ストレスが少なかったりするのがメリットです。

時間はママにあわせる必要があるものの、会う時間以外は自由ですしあくまで遊びなので約束の時間が守れなくても仕事ほど叱られることもありません。
時間を自分の好きなように使えるのも、男性がママ活をするメリットといえるでしょう。

ママは若いイケメンとデートをして日頃のストレス発散w生活にハリを!

ママは若いイケメンとデートをして日頃のストレス発散w生活にハリを!

お金を出す側の女性(ママ)からすれば、若いイケメンなど気に入った相手と決められた時間、一緒に遊べるのがメリットです。
普段は仕事でストレスを貯めたり、付き合ういい相手がいなかったりしても、ママ活ならイケメンとデートしてストレス発散ができます。

今は仕事が忙しくてお金があってもなかなかプライベートの時間が少なかったり、男性と出会う機会に恵まれなかったりする女性が多くいます。
そんな女性が、ひとときの癒しをもとめてママ活をするわけですね。
ママ活であれば、仮に相手と会わないことになったとしても、本当の恋人よりも後腐れもありません。

ママ活のプランの内容と平均相場が知りたい!

ママ活のプランの内容と平均相場が知りたい!

一口にママ活といっても、さまざまなプラン・パターンがあります。
料金の相場の決まり方もそれぞれ。
たとえばよくあるプラン・パターンとしては、以下のようなものがあります。

  • 食事のみ
  • カフェなどで待ち合わせて、食事をしながらちょっとお話してバイバイというケースです。

  • 一緒にお酒を飲む
  • 居酒屋などでお酒を飲んだりなど。

  • レストランでディナー
  • 高級なレストランでゆっくりおしゃべりしながら食事をするというケースです。

  • 一緒に旅行
  • 何日かかけて一緒に旅行するというケースです。

これ以外に、そもそも一緒に暮らしてしまうというようなパターンもあります。

そうして料金的な相場ですが、1時間5,000円~6,000円という場合が多いよう。
ただし男性がどのくらいイケメンかや、相手の女性の経済状況によっては、1時間で20,000円~30,000円という例もみかけます。

そのため上にあげたパターンにあてはめてみると、

お食事のみ 1時間程度で5000円~6000円
一緒にお酒を飲む 2時間程度で10000円~12000円
レストランでディナー 3時間程度で15000円~18000円

ちなみに、肉体関係が前提になると、さらに報酬がアップすることもあります。※未成年男性が相手の場合は犯罪になります。

また一緒に旅行するケースですが、これもまた相場もいろいろなようです。
たとえば旅行代金を全てママが出す代わりにそれ以外の報酬はなし、というパターンも多くあります。
拘束される時間が長い上に報酬がもらえないとなると…。
特に気を使うママだと、旅行のママ活はつらいかもしれません。
この場合は、純粋に旅行を楽しめるか否かが鍵といえますね。

一方で、1日当たり5万円などのお小遣いがもらえることも。
自分のスペックと相手の懐具合、あとは交渉次第といったところでしょうか。
このぐらいの報酬が発生するのであれば、「やってもいいかな」と考える男性も多いのではないでしょうか。

いずれにしろ仮に日帰りでも丸一日潰れるわけですし、旅行ママ活は相手のママとしっかり条件をつめるのがおすすめです。
2~3日の国内旅行、まして1週間以上の海外旅行になんてなったら…。
渋々ながら応じて、旅行先で険悪な雰囲気になってしまったら、自分にも相手にもよくありません。

さらにこんな感じで、単発で報酬が発生するケースの他に、月極めで10万円~20万円のお小遣いをもらえるパターンもあります。
一緒に暮らすようなパターンでは、1日につき数万円のお小遣いがもらえるなんてことも。
ただし安定して高額なお小遣いがもらえるので、こんな風に気前のよいママは、自然と競争率が高くなるようです。

その他、前にも書いたように家賃を補助してもらう、高級外車をプレゼントしてもらう、とったパターンもまれに見かけます。
そういった意味では、自分や相手のスペック、やり方次第では夢があるといえるでしょう。

twitterでもママ活募集をしているママ・男子は多い!

twitterでもママ活募集をしているママ・男子は多い!

ママ活の募集方法はいくつかありますが、Twitterを使う方も多いようですね。
ハッシュタグで「#ママ活」「#ママ活募集」「#ママ活募集中」をつけて検索すると、関連するツィートが数多く表示される筈です。
その他「#レンタル彼氏」「#愚痴聞き」「#デート」というハッシュタグが追加されることも多いです。
さらに「#東京」や「#大阪」のように、県を絞り込むケースも見受けられます。

具体的にどんなツィートがあるか、いくつかピックアップしてみましょう。

男性のママ活募集の例

ママ(女性)のママ活募集の例

Twitterでママ活をするメリット

Twitterでママ活をするメリット

twitterでママ活の出会いを探している方はどんなメリットを感じて利用しているのか一覧にしました。

  • 手軽に始められる
  • お金がかからない
  • Twitterのユーザー数が多いので出会いの機会も増える
  • ハッシュタグを駆使していろんな探し方ができる

このように思い立ったらお金をかけることなくはじめられるのが、Twitterでのママ活のメリットと言えますね。

Twitterでママ活をするデメリット

Twitterでママ活をするデメリット

一方で以下のようなデメリットもあり、気を付けなくてはいけません。

  • 友達や知り合いにママ活がバレる場合も
  • サクラやネカマ、詐欺にあう危険性
  • ママ活がサイバーパトロールに見つかる可能性
  • アカウントの永久凍結をうける恐れがある

1つずつ簡単に解説しますね。

友達や知り合いにママ活がバレる場合も

友達や知り合いにママ活がバレる場合も

まずTwitterは公開されているので、友達や知り合いに自分がママ活をしていることがバレてしまう可能性があります。
バレないためには普段とは違うアカウントを用意したり、そのアカウントでやり取りする際は自分の写真を載せないようにしたりとなど工夫が必要ですね。

サクラやネカマ、詐欺にあう危険性

サクラやネカマ、詐欺にあう危険性

サクラやネカマ、詐欺などに合うといった危険性も否定できません。
サクラは単なる冷やかし、ネカマは女性の振りをした男性の冷やかしで、これらなら時間が無駄になるだけでたいした被害はないかもしれません。

あとはDMしたら、「このサイトでやり取りしたい」と悪質な出会い系サイトに誘導されるなんてこともあります。
あるいは女性に会いに行ったら美人局といって、女性の彼氏や夫を名乗る強面の男性に脅迫されたりなどの危険性も否定できません。

たとえばおかしなサイトへの登録を促されたり、高額な商品の購入を迫られたりとかあやしい雰囲気があったら、連絡をストップするようにしましょう。
いずれにしろTwitterは手軽に自由に使えるツールだけあって、悪意のあるユーザーも活動しやすく、その分被害にあう可能性も高くなります。
ママ活初心者の方には、あまりお勧めできる方法ではありません。

ママ活がサイバーパトロールに見つかる可能性

ママ活がサイバーパトロールに見つかる可能性

Twitterでママ活をしようとした男子高校生が、ママ活相手の女性を装った警察官に補導された、という例があります。
「ママ活」で高2男子補導…2時間7千円提示
このあたりの法律について詳しくは後述しますが、こういったケースがあるので注意してください。

また、未成年でなくてTwitterでパパ活やママ活をしているのであればよいですが、それでも未成年の相手に声をかけたら捕まる可能性もあります。
仮に相手が未成年と知らずに声をかけた場合でも、事情を聞かれたりなど厄介なことになるかもしれません…。

アカウントの永久凍結をされる可能性がある!

アカウントの永久凍結をされる可能性がある!

一般にいわゆる垢BANと言われるケースですが、Twitterでは、あやしい動きをするアカウントを一斉に凍結(利用停止)されることがあります。
ママ活ではあまり聞きませんが、ママ活に先行するパパ活では「パパ活」というキーワードでつぶやいただけで垢BANを受けた、という例もあります。

今後ママ活でも一斉に垢BANが行われないとも限らないので、注意してください。
少なくとも、通常利用しているTwitterアカウントでママ活をするのは危険性が高いです。

ママ活相手を募集するおすすめの方法は出会い系サイト・マッチングアプリ

上に書いた通り、Twitterでのママ活は手軽でお金がかからない反面、さまざまな危険性がありました。
そこで安全なママ活をするのにおすすめなのは、出会い系サイトやマッチングアプリを使う方法です。

有料にはなってしまうものの、出会い系サイトやマッチングアプリを使ったママ活であれば、以下のようなメリットがあります。

  • Twitterよりずっと安全
  • 年齢確認が行われており未成年に会う不安はない
  • 出会いやすい仕組みやサービスがいろいろ用意されている
  • Twitterより友達や知り合いにバレにくい

まず一般的な出会い系サイトやマッチングアプリであれば、有人による監視が24時間365日で行われています。
そのため詐欺などの悪質な行為の恐れがあれば、運営元が警告やアカウントの停止などの処理を行ってくれるので、Twitterよりずっと安全性が高いのです。

また出会い系サイトで相手と連絡をとるためには、法律によって未成年でないことの証明がされている必要があります。
声をかけてみたら未成年だった、ということがないのも出会い系サイトやマッチングアプリを使う魅力です。

また検索機能だったりAIを使ったマッチングだったりと、出会いやすい仕組みをいろいろ用意してあるのもメリットといえます。
若い男性との出会いを求めているママも、見つけやすいでしょう。

Facebookと連携している出会い系サイトやマッチングアプリであれば、友達や知り合いにバレにくいというメリットもあります。
そういったサービスでは、Facebook上の友達が互いに検索できないようになっているからです。
サイト内・アプリ内ではニックネームなどの利用も可能なので、本名がさらされてしまうこともありません。
Twitterよりバレにくいといっていいでしょう。

特に初心者の方がママ活をするのであれば、出会い系サイトやマッチングアプリを使った方がずっと安全でおすすめです。
そういったサービスで必ずしも悪意のあるユーザーに出会わないといった保証はないものの、Twitterを使うよりずっと安全に相手を探せます。

ただ中には、ぼったくり的な悪質なサービスやアプリもあるので、どれを使うかの選択には注意したいものです。

好条件のママ・イケメンが見つかるママ活募集サイト・アプリランキング

好条件のママ・イケメンが見つかるママ活募集サイト・アプリランキング

ママ活をするのにTwitterより出会い系サイトやマッチングアプリをおすすめしましたが、さまざまなサービスがあってえらぶのに迷うかもしれません。
上に書いたように中には悪質なサービスもあります。

そこでここでは、おすすめの出会い系サイトやマッチングアプリを3つずつ紹介。
ママ活をする際の参考にして下さい!

ママ活にオススメの出会い系サイト

数ある出会い系サイトの中から【ママ活】利用がささやかれるサイトを3つ厳選しました。正し18歳未満の男性は利用できないので、18歳を超えてない方はスルーしてください!

ワクワクメール(18禁)

サービス開始年 2001年
会員数 600万人以上
登録料金 男女ともに無料
料金システム ポイント制
主な料金プラン 女性:無料
男性:プロフィール閲覧:無料
※プロフ画像の閲覧は20円
メール送信:50円~
プロフ画像 あり
ワクワクメールの特徴

出会い系サイトの中でも会員数が多い老舗サービスの1つです。価格体系は、メール送信などの利用ごとに料金が発生する従量制。無料のポイントがもらえるチャンスがたくさんあったり、SNS・ゲームなど機能が充実していたりするのもメリットです。

PCMAX(18禁)

PCMAX(18禁)
サービス開始年 2008年
会員数 1,000万人以上
登録料金 男女ともに無料
料金システム ポイント制
主な料金プラン 女性:無料
男性:プロフィール閲覧:20円
メール送信:50円~
プロフ画像 あり
PCMAXの特徴

PCMAXは数ある出会い系サイトの中でも会員数も多い、人気の出会い系サービスです。
さらに掲示板などの機能も充実しておりタイプの女性との出会いまでの流れがスムーズなのが魅力。
登録は無料で初回の無料ポイントでも女性に出会うことが可能なので、まず初めに利用したいサービスですねw

Jメール(18禁)

Jメール(18禁)

サービス開始年 2000年
会員数 600万人以上
登録料金 男女ともに無料
料金システム ポイント制
主な料金プラン 女性:無料
男性:プロフィール閲覧:0円
メール送信:70円
プロフ画像 あり
Jメールの特徴

会員数はワクワクメールと同等。
そしてこちらも長く運営している老舗サービスです。
相手を市区町村まで絞って探せたり、頻繁に開催されるイベントで相手と出会いやすかったりするのが魅力。
PCMAXやワクワクメールと比べて競争相手が少ない、という声もあります。

ママ活にオススメのマッチングアプリ

ココからは【ママ活】にオススメの厳選マッチングアプリを3つ紹介していきます。

ラブサーチ

サービス開始年 2001年
会員数 160万人
登録料金 男女ともに無料
定額制or従量制 月額定額制
主な料金プラン 女性:無料
男性:3980円/月(1ヵ月プラン)
3800円/月(3ヵ月プラン)
3000円/月(6ヵ月プラン)
プロフ画像 あり
ラブサーチの特徴

上にあげた3つと異なり定額制のサービスです。
どれだけ使っても料金が変わらないことがまずメリットといえますね。
他のサービスと比較すると会員数が少なめで活気がないのは否めませんが、中にいる会員自体は真面目に出会いを求めている方が多いようです。

イククル

サービス開始年 2001年
会員数 1200万人
登録料金 男女ともに無料
定額制or従量制 月額定額制
主な料金プラン 女性:無料
男性:プロフィール閲覧:10円
メール送信:50円
プロフ画像 あり
イククルの特徴

イククルもまた膨大な会員数を抱える老舗サービスの1つです。
その分、安心感がある上に、サービスに活気があります。
写メコンなどのイベントやアバターなどの機能など、出会うのに役立つ機能が豊富なのが魅力のサービスです。

ティンダー

サービス開始年 2012年
会員数 3,000万人以上
※世界190ヵ国以上の合計
登録料金 男女ともに無料
定額制or従量制 月額定額制
主な料金プラン 男女同一:1100円/月~
※無料会員でも利用可能
プロフ画像 あり
ティンダーの特徴

ティンダーは世界190ヵ国以上で展開されているマッチングアプリです。
相手の写真をみて「いいね」するだけで、マッチングする簡単な操作性がまず人気の秘密。
また外国人の会員が多いだけあって、外国人との出会いが求めやすいのもメリットです。
ただ一番大きなメリットは、無料会員でも相手にメッセージが送れて出会えることでしょう。

ママ活は犯罪にはならない?

ママ活は犯罪にはならない?

まず結論からいって、いくつかの条件に当てはまらない限りママ活は違法ではありません。
では違法になってしまうのは、どんな場合でしょうか? 
具体的には、以下のような例があげられます。

  • 20歳未満の男性をママ活の相手に選んだ場合
  • 明らかな売春とみなされてしまうような場合
  • 結婚しているのにママ活した場合
  • ストーカーのような行為をしてしまった場合

まず1つ目。
相手が18歳未満の場合、青少年保護育成条例などの違反となってしまいます。
18歳未満の相手では、仮に肉体関係がなくても夜に連れ出すだけでも違法です。

では18歳以上20歳未満の場合はどうかというと、このときも犯罪とみなされてしまう恐れがあります。
法律上、保護者が10代の子どもを保護する義務があり、仮に両親が通報すれば相手が逮捕されてしまう可能性があるのです。
実際、Twitterでママ活募集をした19歳の男子大学生が補導されたケースもニュースになりました。
安全にママ活の相手にえらべるのは20歳以上と考えてください。

また性行為の明らかな対価としてお金を支払うと、売春とみなされてしまう可能性があります。
このあたりの線引きは難しいのですが、デートなどをして成り行きで性行為にいたった、ということであれば相手が未成年でない限り問題にはなりません。

女性側・男性側いずれかが結婚している場合も、ママ活は不倫となり違法となります。
仮に肉体関係があれば不貞行為、仮になくても不法行為として、不倫された相手に損害賠償されてしまう理由になるのです。

最後のストーカー行為について。
これが犯罪行為になるのは言うまでもないですね。
相手の男性も嫌がることですし、あまりのめり込み過ぎないようにしましょう…。

20歳未満の男性はママ活を行うと補導されることも!?

20歳未満の男性はママ活を行うと補導されることも!?

上にも書きましたが、両親には10代の子どもを保護する義務があり相手の女性が勝手に連れ出すと罪になる可能性があります。
そのため10代の男性がママ活をしようとして警察に見つかれば、補導されるおそれがあるのです。

出会い系サイトやマッチングアプリは18歳以上なら利用できるので、「ママ活も18歳以上であれば問題ないのではな?」と思われる方かもしれません。
けれど実際には、上にあげた理由から19歳の男子大学生がママ活をしようとして補導された例もあります。

また補導されなくても、お金を対価にした肉体関係を持てば売春とみなされ違法になります。
相手が結婚していれば、不貞行為・不法行為があったとしてママのご主人から賠償請求を受けてしまうかもしれません。

ママ活をするのは20歳から、というのはもちろんですが、こういったリスクをきちんと理解してママ活を楽しみましょう。

男性も女性もルールを守ったママ活でWINWINの楽しみを♪(まとめ)

男性も女性もルールを守ったママ活でWINWINの楽しみを♪(まとめ)

ママ活は、ママ(女性)の側にも男性にもメリットがあります。
お互いのメリットをよく理解して、WINWINな関係で楽しむようにしましょう。
またママ活をする際は、20歳未満を相手にえらばないなど、違法にならないようにルールを守って安全に活動してください。

更新日:

Copyright© ママ活の平均相場と優良出会い系・マッチングアプリ2018決定版!-愛活ラボ , 2018 All Rights Reserved.