ママ活の平均相場と優良出会い系・マッチングアプリ2018決定版!-愛活ラボ

ママ活の平均相場と優良出会い系・マッチングアプリ2018決定版!-愛活ラボ

ママ活-情報

ママ活募集のやり方講座!初心者でもすぐに始められる4ステップ

更新日:

「ママ活」という活動を知っていますか?
頑張れば仕事よりも収入がいいという意見もある「ママ活」は、SNSでも多くの人から注目されている活動です。
しかし、「ママ活」の始め方などの情報は見つかりにくく、わかりづらいと感じる人も少なくありません。
実は、たったの4ステップで「ママ活」デビューできるんです。
年上の女性と一緒に時間を過ごす「ママ活」の始め方から紹介します!

「ママ活初心者でもすぐに始められる」ステップ1

「ママ活」と似たような活動に「パパ活」「アネ活」などがありますが、ママ活は恋愛感情を交えた活動になります。
年上の女性と年下の男性がいっしょに時間を過ごすだけの活動ではありますが、多くの女性から注目されているワードです。
ステップ1は、まずは「ママ」を探す必要があります。

ママ活のママの探し方

年上の女性であるママは楽しい時間を過ごした見返りとして支援してくれる存在です。
できるだけ、資金に余裕があり、SNSなども駆使しているママを見つけることが重要なポイントとなります。
中には付きで40万円近く稼いでしまう男性もいるほどです。
また、ママ活に良い印象を抱いていない女性も少なくないため、できるだけママ活したい女性が集まる場所で募集するのがおすすめです。
ママ活相手を探す手段はいくつかありますが、基本的には以下の4つがあげられます。
・SNSを利用してママ活相手を募集する
・出会い系サイトでママ活相手を募集する
・掲示板などでママ活相手を募集する
・ママ活専用のマッチングアプリを使って募集する

アプリを使ってママ探しをしよう

ママ活相手の探し方で、もっともおすすめなのが「ママ活専用アプリ」を使用する方法です。
SNSにも、ママ活募集を載せる人がいますが、最悪の場合アカウントが凍結してしまったり、詐欺被害にある可能性もゼロではありません。
安心してママ活をするためにも、ママ活専用のアプリを活用するのがおすすめです。
最近では、「ママ活マッチングアプリ」と呼ばれるものも増えており、ママ活希望の女性が集まるため、ママを探しやすいという特徴があります。
本人確認が必要なマッチングアプリなら、安心して活動することが可能です。
ママ活専用のアプリは、日々増えているため、自分が安心して使えるものを選びましょう。

ステップ2「ママを探す前にプロフィール作り」

登録したいマッチングアプリやマッチングサイトが見つかったら、さっそくママを探します。
しかし、探す時に注意したいのがプロフィールです。
ほとんどのサイトでは、相手が見ることができる情報はプロフィールだけです。
そこで、ママが「会いたい」と思うようなプロフィールを作らなければいけません。

プロフィール作成のポイント

プロフィールを作成する際に注意するポイントは以下の3点です。
・嘘を書かない
・空白をなるべく作らない
・一言だけのプロフィールは女性受けが良くない
当然ですが、プロフィールで嘘をついたらつきとおさなければいけなくなります。
女性からの不信感も高くなるので、嘘だけは記載しないプロフィールづくりを心がけましょう。
また、空白が多すぎるプロフィールも女性からの印象があまりよくありません。
できるだけ、自分の言葉できちんと読める内容のプロフィールづくりが、ママ活の最初の難関と言えるかもしれません。

プロフィール写真は重要!

プロフィールに掲載する写真は、特に重要なポイントとされています。
直接対面する場合も、顔は第一印象を左右するといわれるポイントです。
イケメンじゃなくても問題ありませんが、清潔感のある写真をプロフィールに利用しましょう。
女性は特に清潔感のある男性への評価が高いです。
プロフィール写真で、見られているのは「目つき」「清潔感」「ヒゲ」の3カ所だと言われています。
ヒゲにこだわりがある男性は多いですが、ママ活は年下男性との出会いを求める女性が多いため、ヒゲはあまりおすすめできません。
また、満面の笑顔ほどではなくても、にらみつけるような目つきはやめましょう。

ステップ3「ママのプロフィールもチェック!」

女性側でも、プロフィールは作成します。
ここで、チェックしておくべきポイントが「年齢」「ログイン順に並んでいるか」などを見ていきましょう。
ログイン順に並べ替えができれば、放置されていないアカウントであることもわかります。
なかなかログインしない方の場合、メッセージを送っても気づかれないこともあります。
プロフィール写真も、加工され過ぎているものは避けたほうがいいでしょう。

目当ての女性にはメッセージを送る

さっそくママ友候補にメッセージを送りましょう。
メッセージを送る際、あなたがママ活をしていることは伝えておきましょう。
ママ友は、大人の女性です。
できるだけ、敬語を使ってマナーを守ってメッセージを作成しましょう。
・出だしに挨拶を入れます。初めての時は、「はじめまして」は必須です。
・自己紹介を簡単にいれましょう
(例:都内で一人暮らしをしている大学生です。)
・自分が伝えたい内容を簡潔に伝えます。(機械的にならないように、自分の主観をいれて作りましょう。)
(例:学生生活は楽しいですが、色々経験してみたいと感じています。)
・お金の話は初回のメッセージで伝えます
(のちのちトラブルになる可能性も高いので、初回のメッセージで、「○○さんのデートにお付き合いして、お小遣いを頂くことはできないでしょうか?」などを入れます。)
・最後に、これがママ活だということも伝えます。
(最近話題のママ活になります。もしよろしければお返事貰えると嬉しいです。)
女性側が年下が好きだと明言していない場合、失礼なメッセージになってしまいます。
女性の中の誰をママに選ぶのか、慎重に選択してください。

ステップ4「実際に会って過ごしましょう」

ここまでのステップをクリアすることで、素敵なママ活相手が見つかる方もたくさんいます。
もし、ママ活の相手が見つかったら、最後のステップ「実際に会う」を実行しましょう。
ママ活の場合、年下男性と楽しいデートをしたいと考えている女性が多いです。
そのため、無理に体の関係につなげる必要もありません。
むしろ、デート以上に踏み込むと不快に感じる女性もいる可能性が高いので、注意しましょう。

デートは男性がリードしてあげましょう

実際にデートをすることになったら、待ち合わせの場所や日付はしっかりと相談して決めましょう。
この時、どれくらいの時間のデートになるの、どのような流れになるのか、金額はどれくらいなのかなどの支援内容も事前に確認します。
相手の女性は、働いて収入がある女性ですので男性側が女性の都合にあわせる必要があります。
しかし、男性側から時間の指定などをするのは避けましょう。
女性は、男性が時間を指定して来れば「自分と会うのが楽しくないのだろう」と感じます。
「今日何時まで大丈夫?」かは、女性に合わせてデートするように注意しましょう。
どうしても時間は短い方がいいのであれば、昼ではなく夜に食事するデートがおすすめです。
昼間に会うときは短時間で終わることは難しいと考えましょう。
デートが楽しければ、同じ女性が続けて利用してくれる可能性もあります。
ママ活を複数の女性相手にしている男性も少なくありませんが、それを女性に悟られるのだけは避けてください。

【まとめ】ママ活は女性が主役

ママ活の簡単な初め方を紹介しました。
これからママ活が広がっていけば、さらに相手の女性を探しやすくなるかもしれません。
しかし、支援してもらう以上は男性が女性に合わせることを心がけましょう。
ママ活の主役は女性なのです。
ぜひ、参考にして素敵なママ活をしてください。

ママ活情報関連記事

-ママ活-情報

ママ活募集のやり方講座!初心者でもすぐに始められる4ステップ

Copyright© ママ活の平均相場と優良出会い系・マッチングアプリ2018決定版!-愛活ラボ , 2018 All Rights Reserved.